07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

家族5人だけど、ノリで会社辞めてみた

辞めてしまったのはしょうがない! さてさて何をしようかな

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

苫米地英人もびっくり あやしいスピリチュアルの世界へ 

苫米地英人もびっくり あやしいスピリチュアルの世界へ

どうも、ぎゃおです。

お盆終わりましたね~

私は、お盆と言えば13日〜15日の3日間だと
ずーと思っていました。

しかしですね、20才を超えてから
14日〜16日がお盆だという一派がいることに
気がつきました。

いや〜、盲点でしたね。

地域によっていろいろとあるみたいですが、

最初に14日〜16日とか言う人の話を聞いたとき
「変わってるな〜」とか思いました。

逆の立場から言うと、
「お前こそ変わってるわ」

と言い返されるわけですが、

今、考えると、どっちも間違いじゃないし
もっと言うと、どっちでもいい訳です。

じゃあなぜ、どうでもいい話をしているのか?

「世の中どうでもいい事しかないから」
ですかね?


まあ、いいか

それでは、今日もあやしいスピリチュアルの世界へようこそ

本日のテーマは、「現実をワープさせるとは?」

え~と、前回どこまで話しましたっけ?

そうだ、

「世界のすべては、振動によって出来ている」

こう言うことでしたね。

振動している=点滅している

と考えた時、あなたの現実は点で出来ている
と言えるのです。

ちなみに、この点は情報と考えるとわかりやすいかなと

しかし、実際は過去から今、そして将来へ
私たちの世界は繋がっていると感じてしまうのは
なぜなのか?

それは、前の情報の記憶を覚えていて、次の情報と結び付けられる
からなのです。

なぜ、そうなってしまうのか?
これは、情報がバラバラにあると混乱状態になって
しまうからです。

つまり断続的な情報がごちゃまぜになってしまうと
現実を認識するのが大変ですよね

つまり、情報と情報を記憶が繋いでいるから
継続した世界が作られると言う訳なのです。

それでは、記憶によってあえて繋がれた状態は
混乱しないという見方をすればいい事なのですが、

逆に言うと、その繋がりを切り離すのは難しいと
いう点から見ると、よろしくないとも言えます。

例えば、

あなたが今大金持ちだとすると、
あなたは、大金持ちだという記憶によって
大金持ちと言う世界を見ているのです。

逆に、貧乏だとすると、
あなたは、自分は貧乏だという記憶によって
貧乏だという世界を見ているだけです。

そう考えると、今見ている現実が
大金持ちであれ、貧乏であれ

違う現実にワープできると言う訳です。

点と点以外の空間は、「無限の可能性の場」であるから
全く違う世界を実現することは可能だってこと

これを、科学の世界では「量子飛躍」といいます。


実際は、ある点からある点へピョイと、文字通り飛ぶことなのですが
これ、ワープと説明するのが一番わかりやすいです。

そして、「その間では、存在していない」のです。

まあ、これはふ~んそうなんだと理解すればいいのですが、
納得出来ない人もおられるかもしれないので、もう少し

ここから、100m先に瞬間移動しているイメージですね。
ドラゴンボールで孫悟空がよく使っています。アレです

今、現時点  存在する
100m先   存在する
50m先    存在しない

三次元ではなくて、四次元の世界の話なのです。

ドラえもんのどこでもドアでもいいですけど、

のび太の部屋         いますよね
しずかちゃんのお風呂    出ました
のび太の家の玄関      通過していません

みたいなことです。

何が言いたいのかって言うと、

「繋がりがってなくても、違う場所に移動できる」

これが、

「量子飛躍」であり、「ワープできる」ということ


ふ~、どうでしょうか?

さすがに、「怪し過ぎるスピリチュアルの世界へようこそ」
って言っているだけあって、わかりにくい。。。

あえて、わかりにくくしている訳ですが、

ここまでの事は、理解出来ようが、出来まいが
どっちでもいいです、はい

ここまでは、理論編みたいなことですからね

もちろん、科学的にお話している訳ですから
本当は怪しくない訳ですが、そこはどうでもよろしい

それよりも、ここからが大事です。

こういう、スピリチュアルの世界で何がアカンのかと言うと
この先がないからです。

ぶっちゃけ理論はどうでもいい訳

「今ある現実が変わるか変わらないか」 でしょう?

今回の話でいくと、

対人関係に悩んでいる自分

 ↓ ワープして

対人関係に悩みに無い自分

みたいになりたいから、スピリチュアルの世界に
片足をツッコみたがるわけですよね

ならば、そのワープの仕方を知りたくありませんか?

「ハイ、それでは、
知りたい人は、このセミナーを受けに来てください」

こう言うパターン多くありませんか?

なので、このブログではその先はお教えします。

ただし、そんなに特別な方法ではないことは
予め言っておきます。

言い換えると、

呪文を唱えたら、簡単に出来るとかいうモノではない
と言うことです。

しかし、やれば確実に出来ます。

これじゃあ、基礎が大事とか言っている人と
同じじゃねえのか?

と思っている人がいそうですが、

それは、ちょいと違います。

彼らは、簡単できる方法だといって、その大事な部分を
隠しているのです。

「自転車に乗る方法教えます。」

と言って、

「自転車に乗るには、まずは勇気を持ちましょう」
「その勇気を持つ方法を5万円で教えます。」

みたいなことをしているのですからね

違うでしょ

「自転車に乗れるようになるには、まずは自転車に乗れ」
が正しいアドバイスでしょ?

まあちょっと、雑なアドバイスですけどね。


すみません、話がどこか行っちゃいましたね(笑)

次回は、どうしたら「ワープ出来るのか」について
お話したいと思います。 

お楽しみに~

Category: あやしいスピリチュアル

tb 0 : cm 0   

苫米地英人よりわかりやすい、スピリチュアルの世界へようこそ 

苫米地英人よりわかりやすい、スピリチュアルの世界へようこそ


どうも、ぎゃおです。

毎日毎日暑いですな~

このクソ暑い中で行われているのが高校野球、

高校野球が始まると、余計に暑く感じるのは私だけですかね?

最近は、結果を確認するぐらいで大して気にもしていなかったのですが、
今年は時間がたっぷりあるので、久しぶりにテレビ観戦しています。

見ていると、いろいろと面白いですね。

その中でも、一番面白かったのが、

審判ごとの判定に、ばらつきが大きいことでした。

ストライクゾーン一つにしても、かなりの差があるんだなと

いや~、実に面白い

ボール何個分とかの微妙な差はあるんだろうな
とは、思っていましたが、あそこまでバラバラなんだな~と

野球って結構キッチリしてるという印象があったんですが、

そうでもなかったという

野球見るのが楽しくなりそうです。


え~、

今日は、前回の続きです。

「あなたの人生には無限の可能性がある」 についてです。


今日のテーマは、あなたのいる世界は記憶によって成り立っている

怪しいけど、わかりやすいをコンセプトにスピリチュアルの世界について
書いてみます。

それでは、

え~と、私が今いるこの部屋には明かりがついています。
この明かりというか、光は実は点滅しているんです。

「え~、光が点滅っておかしくない」

って言わそうですが、実は、そうなんです。


「この光が点滅している」 ことを証明したが、
相対性理論で有名なアインシュタインです。

アインシュタインが発見したのは、光には最小単位があること

そして、この最小単位を1ファンタとか1量子とかいいますが

エネルギーがこの1量子になるまでは、光はゼロです。溜まっていくだけ
そして、1量子になった時点で、光として放たれるのです。

1量子になったら放たれる、また1量子になったら放たれる

ドラゴンボールで、手から気を放つみたいに
気がたまらないと、かめはめ波が打てない感じです。

だから、光は1量子単位の光のかたまりが次々に発射されている
イメージなのです。つまりは点滅しているということです。

それじゃあ、そのスピードはと言うと、それが周波数なのです。

周波数ってのは、波形じゃないですか
例えば、周波数の頂点が光が放たれるタイミングなのです。

と言うことは、同じ光でも赤外線や紫外線によって周波数が違うので
光の点滅するタイミングも違っているのですね

でも、私たちが見ている光は点滅していませんよね

なぜ、ず~と光っているように見えるのか?

それは、前の光の情報を記憶していて、次の光が来るまで
その情報で穴埋めしているので、繋がっているように見えるのです。

これを、わかりやすく体験できるのが映画です。

映画は、動画ですか? 静止画ですか?


静止画を連続して観ているだけですよね

1秒間に24枚の静止画を連続で映し出されているだけです。

それなのに、繋がって見てしまうのは、その1枚1枚を記憶が
繋いでくれているからです。

小学生の時、教科書の角に書いたパラパラマンガって
めくるのが遅いので、1枚1枚が認識できます。


音は、どうでしょうか?

実は、音も繋がっていません。
その音の周波数によって点滅しています。

これは、思いっきり低音を出してみるとわかります。
声が震えるのが実感できると思います。

震えている = 断続的に出ている

つまりは、音も点滅してると言えます。


それでは、モノ(物質)はどうでしょうか?

私は、今机に座ってパソコンを前にしていますが、

この机は、木で出来ています。
木は、何で出来ているのかと言うと、炭素で出来ています。

じゃあ、炭素はと言うと、原子で出来ています。
その原子は、原子核と電子で出来ていますよね。

ここまでは、中学生レベルの理科の授業ですよね。

それでは、この原子核と電子は何で出来ているのか?

最新の物理学では、核や電子は振動で出来ている
という事になっています。

「振動で出来ている?」

あまり細かくツッコまない方が、お互いの為な気がしますが(笑)

まあ、そう言うことで話を進めましょう。


そうすると、すべての物質は、振動で出来ているから
周波数がある、つまりは点滅している

私たちは、実は点滅している世界に生活しています

しかし、点滅しているようには見えませんよね
それは、記憶があるからです。

と言うことは、

我々が現実としてとらえているものは、
実は、点滅している一つの点でしかない

と言うことになります。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

これを、記憶が1本の線となるように繋いでいる風に
見せている。

これが私たちが見ている現実というモノの正体です。

でもね、この点と点の間って繋がっていなんですよね。
記憶は、前の点を覚えているだけですから、

それじゃあ、その点と点の空間には何が入っているのか?

「無限の可能性が詰まっている」
のですね。

やっとつながってきましたね。

目の前に起こっている現実は、実は点でしかない

前の点とも、後ろの点ともつながってはいないのです。

今、悪ことが起きている、という現実を見ているという人も
それは、一瞬の光の点滅でしかないのです。

それを、永遠に続く苦しみだとか言っている人がいるとしたら

それは、その悪いことが起きた光の点滅を記憶として
持ち続けているだけなのです。

悪いことって、物理的な何かがあるかのように
考えている人が多い気がしてなりません。

要するに、そう言う時にどうすればいいのか?
と言えば、前の記憶を忘れればいいだけじゃないですか

だって、私たちが見ている現実は、実は点滅している光のように
1回1回は、点でしかないのですから


すみません、まとめます。

私たちの世界は、点で出来ている

なので、点と点との間には、無限の点があるから

一つの点から全く自由にどの点へ飛ぶことも出来るということです。

それを無限の可能性の場にいると言うんですね。


実際は、私たちは現実をあえて線としてとらえている訳でして、

今現実としてとらえている線が、楽しいものなのか、
苦しいものなのかはわかりませんが、

今ある線として繋がって見えている現実(ライン)から

           ↓ ワープして

違う現実のラインへ移ることも可能だということです。

このことを、前回は図書館の本と表現しました。

今見ている本(見ている現実)を捨てて、
無数にある好きな本を選ぶことが出来ましたよね。


いかがですか?

「あなたの人生には無限の可能性がある」

について、わかりやすく説明したつもりですが


とりあえずは、信じて下さいとか納得してください
とは申しません。

だた、言いたいのは、

こう言う考え方もあるって言うことです。

そして、「試してみたら」って言うことですね。

次回は、「ワープする」について、
もう少し詳しくお話したいと思います。

お楽しみに~



Category: あやしいスピリチュアル

tb 0 : cm 0   

苫米地先生に影響されて、怪しいスピリチュアルな世界について書いてみる 

苫米地先生に影響されて、怪しいスピリチュアルな世界について書いてみる

どうも、ぎゃおです。

最近、苫米地せんせいの動画を見まくっていますが、

今日も、苫米地英人博士が長倉顕太 って人と
「スピリチュアル」についての対談の動画を見ていて

スピリチュアルって宗教の事なんだって気が付きまして
何かスッキリしたと言うか、

結局、

苫米地英人が本に書いていることも宗教ですし、

和佐大輔さんのやっていることも宗教だし、

木坂健宣さんのセミナーも宗教の布教だと

気が付いてしまった訳ですが、

それならば、自分でも宗教を立ち上げればいいのだと
思い立ったのですけど、

しかし、宗教だと胡散臭さ満載な訳でして(笑)

それじゃなくても怪しい宗教を、宗教ですって布教するほど
私にカリスマ性があるとも思っていませんから

せめて、「怪しいスピリチュアル」を名乗るくらいが

自分にも、読んでもらう人にも正直でいいのではないかと
思っている訳です。

元々思っていたんですが、

スピリチュアルって言えば、怪しさを紛らせると
確信犯的に使っている人が多いなと感じていました。

「いや、あなたの言っていること完全にカルトですよね」

って言う人も、

「いや~、スピリチュアルの世界では・・・」

みたいにごまかしている人多すぎです。

そんな偽スピリチュアルの人達を撲滅すべく

「あやしいスピリチュアル」をテーマにいろいろと書いて
見たいと考えています。


それじゃあ、今日のテーマは何にしようかな

そうですね~、あの世で聞いたこの世の仕組みについて にしましょうか


「あなたは、今どんな人生を生きていますか?」

いきなり、スピリチュアルっぽい質問をしてみたんですけど
こう言うの言ってみたかったんですよね。

あなたは、大金持ちですか? それとも貧乏な生活を送っていますか?
幸せな気持ちでいますか? それとも悲しみを感じていますか?
あなたは、健康ですか? それとも病気に苦しんでいませんか?
毎日ストレスを感じていますか?それとも穏やかな気持ちでいますか?
などなど、

いろいろな質問が考えられますが、

「今までの人生はどんな人生ですか?」と聞かれたとき

まあ、様々な人生があると思います。

と言うのは、過去を変えることは出来ませんし
過ぎたことがどうだったか、なんてどうでも良くないですか?

まあ、過去を変えることも出来ないことはないのですが
まあ、それは別の話として

それよりも考えるべきは、今、そして未来ですからね

「これから先の人生をどう生きたいのか」と聞かれて

「いや、今まで通りでいいから」とか遠慮しなくていいですよ。


これから、遠慮なんてしてられないことを書いちゃいますから

あなたは、いま無限の可能性の場に生きています。

あなたは、いま無限の可能性の場に生きています。

なぜ、2回繰り返したのかはナゾですが、
書いてることも若干ナゾですよね。

「無限の可能性の場に生きている」について、説明したいのですが、

これを説明するには、量子力学を持ち出して説明しないといけないのですが、

量子力学って言葉を聞いた時点で、思考がフリーズする人がいるのが
想像すらできないのが、天才苫米地英人先生でございます。

本当の天才なら、量子力学を使わず量子力学を説明できると思うのですが

まあ、いいや

その量子力学を使わずにわかりやすく説明すると、

例えば、図書館をイメージして欲しいのですけど

今まで知っている中で一番広い図書館でいいです。
国会図書館とかですかね?

その知りうる一番大きな図書館の1000倍の規模の図書館があると
想像してください。

端っこまで行くと、さらに1000倍に膨らんでいきます、
収められている本は、無数です。数えられない程の数です。

その中の1冊をあなたが手に取ってみると、

その本には、「あなたの人生の続き」について書かれています。
その人生が気にいれば、あなたはその人生を生きることが出来ます。

もちろん、気に入らなければ別の本を選ぶこともできます。
さらに、別の本も、全てに「あなたの人生の続き」が書かれています。

どれ一つとして同じものはありません。
その図書館に収められている本は、無限にあるのです。

そのどの本を選ぼうとあなたの自由なのです。

我々が今生きている現実の世界は、そう言う世界なのです。

あなたのこれからの人生の可能性は、無限の選択肢があるのです。

無限 = 制限がない

実は、私たちの人生には、何の制約もないのです。

すごくないですか?


それじゃあ、一つ質問をします。

「あなたは、今すぐ一文無しになれますか?」

私だったらこう答えます。 「はい、今すぐなれます」

だって、簡単でしょ。
持っているお金誰かに差し上げるだけです。

それでは、

「あなたは、今すぐ大金持ちになれますか?」

・・・


あなたの人生に制限はなくて、貧乏にも大金持ちにもなれますよ。



いや~、「怪しいスピリチュアル」にしといて良かったですね~

でも、そうなんです。

マイナス(貧乏になる)には簡単になれるのに、

プラス(金持ちになる)のは難しいと考える方が、

無理難題を言っている気がするのは、私だけでしょうか?

マイナス方向に無限の可能性がある、ってことはなんとなく
わかっているんですみんなが

じゃあ、プラスの方向にも無限の可能性があると考えるのが
自然だと思うんですけど、いかがでしょうか。


勘違いしたらいけないのは、今言っているのは

「無限の可能性がある」と言っているだけです。

実際に可能なのか、なれるのか、は考えていません

あなたがどんな本を手に取ったとしても、それはどれも
同じ可能性を秘めているってことなんです。

プロカメラマンになる
タレントになる
サラリーマンを辞める
海外に住む
登山家になる

どれも、明日からでもすぐに出来ますよね。

カメラマンになりたければ、プロ宣言すればいい

タレントになりたいのなら、なればいいし

サラリーマンなんて、辞表を出すだけですよ。
簡単なもんでした(笑)

海外住みたいなら、今すぐ関空に行ってチケットを
買いましょう

登山家になるのは、もっと簡単
山登りに行きましょう。



「う~ん、そうは言ってもね~」

はい、わかります、わかります

それでは、続きはまた来週

お楽しみに~



Category: あやしいスピリチュアル

tb 0 : cm 0   

苫米地英人は難しく言うけれども この世の仕組みはもっと簡単だったんだ 


苫米地英人は難しく言うけれども この世の仕組みはもっと簡単だったんだ

どうも、ぎゃおです。

皆さん、お元気ですか? お久しぶりでございます。

前回、何について書いたんだっけな
そうそう、和佐大輔さんの謎のレターについてでしたね。

そう言えば、DRM2015が終わってしばらく経ちましたが、
8月に入ってから、メールが毎日のように来るようになりました。

例えば、

「地獄のLP合宿」の案内

「レベルアップセミナー」の案内

他にも、ライスワークラボの募集も再開しています。

DRM2015で、和佐大輔さんのコンテンツは、
もういいやってなっているんですが、

まあ、その辺は、またにしましょうかね。
そう言えば、DRM2015をやってみるのって途中で
止まっている気がしないでもないですが

そっちもおいおい続きを書きますので、お楽しみに
しておいてください。


それでですね、今日のテーマは

苫米地英人は難しく言うけれども ~この世の仕組み~簡単に言うと
でございます。

最近忙しかったのは、苫米地博士の動画やDVDを大量に入手しまして、
いろいろとお勉強ていた訳ですが、苫米地せんせいの商材て
難しいんですよね。

「あれが難しいって言っていたら、何にも理解できないよ」
とか言われそうですが、難しいものは難しい訳で

苫米地せんせいに言わせると、バカにもわかるように話している
らしいんですが(笑)

苫米地せんせいの言うバカって、もしかしたら秀才レベルの人のことを
言ってんじゃねえのか説が、今マイブームとなっています。

まあ、それはいいとして

その苫米地せんせいと同じことを、数百倍簡単に話してくれる人を
見つけてきまして、最近その人の話を聞きまくっているんですが

まあ、わかりやすいことわかりやすいこと

苫米地英人とその人、を比べた時、
わかりやすい例えがないかな~と思っていたら、ありました

木坂健宣と原澤祐介

それぐらい違います。

その違いはどこから来るのか?って言うと
実戦経験だと思います。

ピンからキリまで、それこそいろいろなレベルの人と
どれだけ仕事したことがあるのか

この経験の差が、わかりやすさの差に出ているのかなと
考えました。

木坂健宣さんが、どれだけ実戦経験があるのか知りませんが、
あの話のわかりにくさは、偏ったレベルの人達としか
仕事をしたことないのではと感じています。

もしくは、相手が理解してようが、していまいが
無視して仕事を進めていたか

このどちらかです。

苫米地せんせいも同じですね。
特に、後者の方が強いのかと思われます。

これで理解できない人は、バカだって決めつけて
それ以上の説明をしようとしない。
そういう、仕事の仕方をしているのが、
話を聞いているとよくわかります。

まあ、それがいいとか悪いとかじゃなくて
自分にとって、苫米地せんせいよりわかりやすく説明してくれる人が
いてよかったってお話、ってだけなんですけどね。


まあ、いいか

とにかく、次回から苫米地せんせいのお話を簡単にお話してみたいと思いいます。


お楽しみに~


Category: 苫米地英人

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。