07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

家族5人だけど、ノリで会社辞めてみた

辞めてしまったのはしょうがない! さてさて何をしようかな

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

苫米地先生に影響されて、怪しいスピリチュアルな世界について書いてみる 

苫米地先生に影響されて、怪しいスピリチュアルな世界について書いてみる

どうも、ぎゃおです。

最近、苫米地せんせいの動画を見まくっていますが、

今日も、苫米地英人博士が長倉顕太 って人と
「スピリチュアル」についての対談の動画を見ていて

スピリチュアルって宗教の事なんだって気が付きまして
何かスッキリしたと言うか、

結局、

苫米地英人が本に書いていることも宗教ですし、

和佐大輔さんのやっていることも宗教だし、

木坂健宣さんのセミナーも宗教の布教だと

気が付いてしまった訳ですが、

それならば、自分でも宗教を立ち上げればいいのだと
思い立ったのですけど、

しかし、宗教だと胡散臭さ満載な訳でして(笑)

それじゃなくても怪しい宗教を、宗教ですって布教するほど
私にカリスマ性があるとも思っていませんから

せめて、「怪しいスピリチュアル」を名乗るくらいが

自分にも、読んでもらう人にも正直でいいのではないかと
思っている訳です。

元々思っていたんですが、

スピリチュアルって言えば、怪しさを紛らせると
確信犯的に使っている人が多いなと感じていました。

「いや、あなたの言っていること完全にカルトですよね」

って言う人も、

「いや~、スピリチュアルの世界では・・・」

みたいにごまかしている人多すぎです。

そんな偽スピリチュアルの人達を撲滅すべく

「あやしいスピリチュアル」をテーマにいろいろと書いて
見たいと考えています。


それじゃあ、今日のテーマは何にしようかな

そうですね~、あの世で聞いたこの世の仕組みについて にしましょうか


「あなたは、今どんな人生を生きていますか?」

いきなり、スピリチュアルっぽい質問をしてみたんですけど
こう言うの言ってみたかったんですよね。

あなたは、大金持ちですか? それとも貧乏な生活を送っていますか?
幸せな気持ちでいますか? それとも悲しみを感じていますか?
あなたは、健康ですか? それとも病気に苦しんでいませんか?
毎日ストレスを感じていますか?それとも穏やかな気持ちでいますか?
などなど、

いろいろな質問が考えられますが、

「今までの人生はどんな人生ですか?」と聞かれたとき

まあ、様々な人生があると思います。

と言うのは、過去を変えることは出来ませんし
過ぎたことがどうだったか、なんてどうでも良くないですか?

まあ、過去を変えることも出来ないことはないのですが
まあ、それは別の話として

それよりも考えるべきは、今、そして未来ですからね

「これから先の人生をどう生きたいのか」と聞かれて

「いや、今まで通りでいいから」とか遠慮しなくていいですよ。


これから、遠慮なんてしてられないことを書いちゃいますから

あなたは、いま無限の可能性の場に生きています。

あなたは、いま無限の可能性の場に生きています。

なぜ、2回繰り返したのかはナゾですが、
書いてることも若干ナゾですよね。

「無限の可能性の場に生きている」について、説明したいのですが、

これを説明するには、量子力学を持ち出して説明しないといけないのですが、

量子力学って言葉を聞いた時点で、思考がフリーズする人がいるのが
想像すらできないのが、天才苫米地英人先生でございます。

本当の天才なら、量子力学を使わず量子力学を説明できると思うのですが

まあ、いいや

その量子力学を使わずにわかりやすく説明すると、

例えば、図書館をイメージして欲しいのですけど

今まで知っている中で一番広い図書館でいいです。
国会図書館とかですかね?

その知りうる一番大きな図書館の1000倍の規模の図書館があると
想像してください。

端っこまで行くと、さらに1000倍に膨らんでいきます、
収められている本は、無数です。数えられない程の数です。

その中の1冊をあなたが手に取ってみると、

その本には、「あなたの人生の続き」について書かれています。
その人生が気にいれば、あなたはその人生を生きることが出来ます。

もちろん、気に入らなければ別の本を選ぶこともできます。
さらに、別の本も、全てに「あなたの人生の続き」が書かれています。

どれ一つとして同じものはありません。
その図書館に収められている本は、無限にあるのです。

そのどの本を選ぼうとあなたの自由なのです。

我々が今生きている現実の世界は、そう言う世界なのです。

あなたのこれからの人生の可能性は、無限の選択肢があるのです。

無限 = 制限がない

実は、私たちの人生には、何の制約もないのです。

すごくないですか?


それじゃあ、一つ質問をします。

「あなたは、今すぐ一文無しになれますか?」

私だったらこう答えます。 「はい、今すぐなれます」

だって、簡単でしょ。
持っているお金誰かに差し上げるだけです。

それでは、

「あなたは、今すぐ大金持ちになれますか?」

・・・


あなたの人生に制限はなくて、貧乏にも大金持ちにもなれますよ。



いや~、「怪しいスピリチュアル」にしといて良かったですね~

でも、そうなんです。

マイナス(貧乏になる)には簡単になれるのに、

プラス(金持ちになる)のは難しいと考える方が、

無理難題を言っている気がするのは、私だけでしょうか?

マイナス方向に無限の可能性がある、ってことはなんとなく
わかっているんですみんなが

じゃあ、プラスの方向にも無限の可能性があると考えるのが
自然だと思うんですけど、いかがでしょうか。


勘違いしたらいけないのは、今言っているのは

「無限の可能性がある」と言っているだけです。

実際に可能なのか、なれるのか、は考えていません

あなたがどんな本を手に取ったとしても、それはどれも
同じ可能性を秘めているってことなんです。

プロカメラマンになる
タレントになる
サラリーマンを辞める
海外に住む
登山家になる

どれも、明日からでもすぐに出来ますよね。

カメラマンになりたければ、プロ宣言すればいい

タレントになりたいのなら、なればいいし

サラリーマンなんて、辞表を出すだけですよ。
簡単なもんでした(笑)

海外住みたいなら、今すぐ関空に行ってチケットを
買いましょう

登山家になるのは、もっと簡単
山登りに行きましょう。



「う~ん、そうは言ってもね~」

はい、わかります、わかります

それでは、続きはまた来週

お楽しみに~



スポンサーサイト

Category: あやしいスピリチュアル

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。