07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

家族5人だけど、ノリで会社辞めてみた

辞めてしまったのはしょうがない! さてさて何をしようかな

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

伝説のライスワークラボメールセミナーを買ってみたら その16-2 

伝説のライスワークラボメールセミナーを買ってみたら その16-2

どうも、ぎゃおです。

あと2時間か・・・

1日3記事を書くと決めて、4日目ですかね?

ということは、今日はホメオスタシスがやってくる日ですよね。

やはり、来ているようです(笑)

書いた記事を書き直す目にあったり、保存できずに記事が消えたり

今日は朝から散々な目に遭ってます。

でも、やりますよ。

たとえ、1記事を2つに強引に分けていると言われようとも

手段を選んでいると、ホメオスタシスに飲み込まれますからね。


と言うことで、続きを書きます。

「ステージの高さは、対象としている数の多さによる」

ここまで、前回書きました。


それでは、

ステージの高い金持ちと
ステージの低い金持ち

この両者の違いは、何なのだろうか?

と言う前回の疑問について考えてみると

お金をいっぱい持っている人がお金持ち
お金を少ししか持っていないのが貧乏人

ですよね。

そして、ステージが高い人=お金持ち
という式が成り立つ訳ではない

とすると、

ステージの高さとお金の因果関係は、
元々ないのではないのか?

という仮説は立ちませんかね?

ステージの高いお金持ちは、ステージが高いから
お金持ちになった訳ではない、ということです。

実は、お金持ちは2種類あるんじゃないのか?
が私の仮説でして

お金持ちは、

①お金を作りだしてお金持ちになった人
②お金を誰かから奪ってお金持ちになった人

がいるのではないかと。

もちろん、

①が、ステージの高いお金持ち
②が、ステージの低いお金持ち

です。

違いは、お金を新たに創りだせているのか?です。

と言うことは、

お金を新たに生み出せるという事が、
ステージを上げる要因ってことですね。

これは、ちょっと誤解を生みそうな表現になってしまいましたが、

正しくは、ステージの高い人は、お金を新たに創れる能力がある
と言うことですね。

いろいろな能力の中の一つとして、そういう能力もあるってことです。

少し説明すると、

お金を生み出すって言うのは、お金を印刷して作れるとか
偽札を作れるとかでは、もちろんありません(笑)

そうではなくて、

簡単に言うと、創造力が豊かだから、お金さえもその想像力で
生み出してしまう、みたいなことです。

ますます、誤解されそうな表現になってきましたが(笑)

ですから、

お金を誰かから奪うことでしか、お金を手に入れらない人は

ステージが低い、

ということは、

ステージが低い人は、想像力が足りないということです。

そして、想像力は足りなくても、お金を奪う力が強ければ
お金持ちになることも可能だとも言えます。


ここら辺は、明日以降詳しく書いてみたいと思います。


簡単にまとめると、

ステージが低くてもお金が稼げるのは、ただ人から奪っているから

ステージの高い人は、自在にお金を稼ぐ能力は備わっている。
けど、そういうことに使わない人もいる。

これで、

「お金持ちがステージが高い」理論を振りかざしている人たちに
反論できますかね?


いかがでしょうか?

最初の書こうとしたことから、離れてしましましたが

まあ、いいです。
これが書くべきことだったんだと、納得するしかないですね(笑)


今日も無事3記事書くことが出来ました。

さすがに疲れました。

でも、明日もやりますよ。

それでは、次回もお楽しみに~



スポンサーサイト

Category: 伝説のライスワークラボメールセミナー

tb 0 : cm 0   

伝説のライスワークラボメールセミナーを買ってみたら その16 

伝説のライスワークラボメールセミナーを買ってみたら その16

どうも、ぎゃおです。

最近、「あやしいスピリチュアルの世界」についてばかり

書いていたら、なんか体調がおかしいというか、

バランスが崩れてきている気がしてきました。


気のせいだったらいいのですが、

まあ、あまりにも偏りすぎるものよくないのかと考えまして、

久しぶりにライスワークラボについて書こうかなと
思った次第でございます。

ちょうど、和佐大輔さんのライスワークラボも
募集を終えたみたいですからね。

どうだったんですかね?


あっ、

あやしいスピリチュアルがネタ切れした訳では
決してありません(笑)


それでは、参りましょうか

今日は、[ライスワークラボ原澤チーム]  16日目 久しぶりに合宿してます。

でございます。

16日目のテーマは、「ステージ理論」です。

そう言えば、数日前に書きましたよね?

その記事はこちらから

ステージ理論続きますね~

ここら辺で、しっかりステージ理論を理解しましょうって
神様のお告げかもしれません(笑)


まあ、それはいいとして

原澤さんが、このメールで言っているのは、

「お金のためだけに仕事をすると、豊かな人生とは離れていくよ」

という事なんですね。

豊かな人生ってわかりにくかったら、楽しい人生でもいいですけど

本心からそういう人生を送りたいと考えているんなら

「お金を稼げれば何をしてもいい」 という考え方では、
楽しい人生からは、ますます離れていきますよ。

と警告を発してくれているんでしょう。 多分ね(笑)


楽しい人生の定義が違うという話かもしれませんが

ステージ理論という話からしても、ただのお金儲けってのは

ステージの低い所業な訳でして、

そういう意味も、楽しい人生とはかけ離れた生き方と
言えるんじゃないのかと思います。


じゃあ、大金持ちの人がステージが低いのか?

という、ツッコミがあることを承知で敢えて言っている訳ですが、


今日は、その部分について書いてみたいと思います。

結論から言うと、高い人もいるけど、低い人もいる
という話なのですが、

ステージの高い金持ちと
ステージの低い金持ち

この両者の違いは、何なのだろうか?

ここら辺を考えてみると、ステージについて
より理解ができるようになるのではないでしょうか?


その前に、ステージの高い低いって何の高低さなのか?

ここについてちゃんとしとかないといけませんよね

私は、先日のブログで、

「世の中への貢献度を尺度にする」

と書きましたが、

原澤さんも同じようなことを書いています。

「誰かを幸せにすること。」


これって、結局同じことなんですよね。

「抽象度が高い仕事をする」
でもいいです。

わかりにくいですかね?

そうですね、
じゃあ、「具体的か抽象的か」で説明してもいいかも

抽象的なものの抽象度を下げていくと、
三角形に広がっていきますよね。

頂点が、人間だとすると、

アジア人、アメリカ人、ヨーロッパ人、アフリカ人、

日本人、中国人、韓国人、インド人

関西人、関東人、沖縄人?

大阪人、京都人

あなた

のように

だんだんとその裾野広がり、具体的になってきます。
特定されてくるイメージです。

逆に、一つ一つの人数を数えてみたら、

下に下がるほど少なくなります。

だって、あなたは一人ですから

何が言いたいのか?

抽象度をあげれば、対象になる数は多くなる

と言うことは、

ステージの高い人ほど、多くの人達を対象にしている
と言うことです。

ステージの低い程限られた人達を相手にしている
とも言えます。

ステージの何が高い低いのか?

っていうのは、対象とする人数の違いです。


とりあえず、いったんここで中断しますね。

すぐにつづきます。

それでは、ありがとうございました~



Category: 伝説のライスワークラボメールセミナー

tb 0 : cm 0   

スピリチュアルCHIEもいいけれど あやしいスピリチュアルの世界へようこそ 

スピリチュアルCHIEもいいけれど あやしいスピリチュアルの世界へようこそ


どうも、ぎゃおです。

スピリチュアルCHIEさん、申し訳ありません

一晩寝たら、関心はすっかり出雲阿国さんへ移っていました。

「それがどうした」

と言われそうですが、

なんとなくひと言言ったほうがいい気がしまして、

気にしないでくださいCHIEさん

いや、気にもしていないでしょうけどね(笑)


と、どうでもいい話は置いといて

さっそくいきますか

今日のテーマは、「豊かになること」

まずは、「お金」についてです。

「豊かになること」だと、少し抽象度が高くて分かりにくいので

より具体的な「お金」から入ってみたいと思います。

まず、お金って何でしょうかね?

「お金って、お札のことでしょ?」

うお~、期待通りのお答えありがとうございます(笑)

物を買ったり、サービスを受けるために払うもの
間違いございません。

じゃあ、お金ってお札だけなのか?

と考えた時、いわゆる物質としてのお札だけではない
ということに気づきますよね

預金通帳の残高もお金ですよね?
電子マネーもお金ですよね?
株券とかも最近は、電子化されています。

それらを含めて、すべてお金です。

もう少しお金について、抽象度を上げて考え見ると

お金とは情報である、と言えませんか?

お金の取引すべてが実物取引だと考えている人は
いないと思いますが、

お金とは実体のないもの、単なる情報だ

ということは、理解しておいたほうがいいと思います。


実際にそうですからね

日本のお金は、どこで作られていますか?
日本銀行ですよね

それでは、銀行はどこでお金を借りていると思いますか?
日本銀行から借り入れしています。

この日銀からの借り入れ、日銀は実際にお金を印刷していると
思います?

実は、日銀から銀行にデータが送られているだけです。

日銀は、情報をデータ化して、貸出金として送っているだけなのです。


また、株式やFXの取引したことあればわかりますが

信用取引ってありますよね?

あれって、手持ち金の何倍も取引することが可能です。

世界の金融市場では、常に実体のない情報としての
お金で取引は行われています。


つまり、お金と言えば札束や通帳の残高である

というのは、間違いではないのですが、

少し抽象度が低いとらえ方ではないかと思います。

そういう意味で、「お金とは情報である」と考えたほうが

もう少し、広い視点で物事をとらえる事ができるのではないかと
思っております。


それでは、次回も引き続きお金について考えみたいと
おもいます。

それでは、次回もお楽しみに~

Category: あやしいスピリチュアル

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。