05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

家族5人だけど、ノリで会社辞めてみた

辞めてしまったのはしょうがない! さてさて何をしようかな

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

苫米地英人をブッ飛ばせ あやしいスピリチュアルの世界へようこそ 

苫米地英人をブッ飛ばせ あやしいスピリチュアルの世界へようこそ

どうも、ぎゃおです。

苫米地英人をブッ飛ばせって(笑)

取り敢えず、苫米地英人って入れたかっただけです。
気にしないでください(笑)

え~と、

私が今読んでいる本、

「嫌われる勇気」
「7つの習慣」

なのですが、

いや~、スピリチュアル方面に来ちゃってますね~

あとは、動画も見まくっていますが、
全部そっち系です。

前も言いましたが、私は

スピリチュアル = 宗教

って考えていますが、

なぜか、悟りがどうとか言っているのを
見たり聞いたりすると、不快になります。

まあ、そこは深入りしないでおきましょうか(笑)


ではでは、本日のテーマは、

「ワープする為に必要なこと」

ワープがなかなかできない原因について
その一つの原因として、

前回も記事で、

「記憶が騙しているんだ」と言いましたが、

それでは、これを乗りこえるためにはどうするのか?

新しい記憶を作る 
こうすればいいと思いませんか?

過去の記憶を引きずるから、ワープ出来ないのなら

新しい記憶を作っちゃえ、という訳

簡単でしょ!


それでは、そのためにはどうするのか?

考えてみて下さい。

う~ん、
・そういう環境を経験する
・今までの経験を忘れる
・妄想する
・経験者の話を聞く
他にもありますか?


新しい記憶を作るということを考えていくと、
ある言葉に辿り着きます。

「安心領域」

文字通り、安心していられる領域の事です。

安心していられる領域 = 知っている領域
のことなので、

安心領域は、記憶で構成されている
ことになります。

記憶で構成されているというのがポイントなんだけど

安心領域は、どんなにヒドイ状態になっても
どんなに苦痛を伴っていても安心領域なのです。

たとえ貧乏でも、どんなに欠乏マインドであっても
それが安心領域です。
(欠乏マインドっていうのは、7つの習慣を読んで下さい。)

そして、もっと悲惨な例をあげると

DV、家庭内暴力を受けている、例えば奥さんがいるとすると

家庭内で夫からそんなヒドイ暴力を受けているのなら

ヒョイと家を出ていけばいいじゃないですか?

旦那が、朝会社に行ったら、すぐに荷物をまとめて
どこへでも行けばいい

彼女は、暴力が日常の家庭内から、
暴力がない場所へワープできます。

横から見ていたら、

「今すぐ出ていったら」とアドバイスしまいますよね?
腕を引っ張って連れ出そうとしますよね?

でも、彼女は家を出ません。 不思議ですよね?

彼女にとって、毎日暴力を受けるという家庭内は、安心領域なのです。
だから出ていかない。

DVを受けるということは、知っている領域だからです。

彼女にとって、家のドアの向こう側は、未知の領域です。
怖いんです。

それでは、

「この家を出たら、どうなるんだろう?」
「どうやって、生きていけばいいの?」

という、彼女の問いにあなたならなんと答えますか?


「なんとかなるさ!」

いい加減そうだけど、究極の答えだったりしますが、

安心領域の外の世界に行ってもなんとかなります(笑)

そう考えると、

安心領域というのは、今までの記憶が作っている
知っている領域ですから、

新しい記憶を作るということは、

安心領域の外に出るということになりませんか?
そして、それが私たちにとっての新しい可能性なのです。

安心領域が、今まで読んでいる本なら
読みたい本は、あの図書館に無数にありましたよね

でも、安心領域の外に出ないと図書館には行けませんし
本を選ぶことさえ出来ません。

ということは、

ワープをする技術と言うのは、
安心領域の外にでる技術なのです。


先程のDVの奥さんの話じゃないですけど、
そのドアから一歩踏み出すだけじゃないですか?

一歩を踏み出す技術って、赤ちゃんでも歩けますもんね

私もそう思っていました。

しかし、やってみればわかりますが、
頭で理解していても、身体は動いてくれません。

むしろ、赤ちゃんや子供の方が躊躇せず
ガンガン外へ出ていきますからね。

それは、記憶に騙されないからですけど

だからこそ、トレーニングが必要なのです。

そのトレーニングとは、

理由もなく安心領域の外にでるという習慣をつける

ことです。

「理由もなく」って言うのがポイントです。

頭で考えないで、とにかくやってしまう。
そして、それを習慣化する

これがポイントです。

簡単でしょ?(笑)


これをやっていると、ある不思議な心理状態になります。

安心していることに不安を覚え
不安であることに安心する



安心しているというのは、楽をしているということです。

楽をしていると、成長しません、

成長しないとワープは出来ません。

ゆえに、安心領域の外にいつも身を置くということが
必要なのです。


とにかくやってみましょう。何でもいいですから


ふ~、いかがでしたか?

それでは、今回はここまでですね。


次回もこの続きをお楽しみに~

スポンサーサイト

Category: あやしいスピリチュアル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kingkosome.blog.fc2.com/tb.php/101-93873637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。