04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 05

家族5人だけど、ノリで会社辞めてみた

辞めてしまったのはしょうがない! さてさて何をしようかな

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

伝説のライスワークラボメールセミナーを買ってみたら その18 

伝説のライスワークラボメールセミナーを買ってみたら その18

どうも、ぎゃおです。

今日は、午前中から外出、夕方に帰ってきましたが、

そのまま、動画の撮影と編集をしていました。

その動画は、もの凄く不思議な力の実験動画なのですが

原理はよくわからんけど、誰でも効果がある。

みたいなトンデモないものです。

YouTubeにUPしましたが、まあ見ても意味わからんだろうな~


それはいいとして、

今日は、18日目・木坂健宣大先生がずっと昔から言ってるとある理論について。
でございます。

木坂健宣さんが、ステイゴールドとかいうセミナー?の中で

「橋渡し」的な話をしていた。

今回は、その話題の様です。

私もそうですが、ステイゴールドなるものを見ても聞いてもいない
人にとっては、何のこっちゃなお話ですが、

原澤さんが本文で触れていた内容を少しピックアップすると


~引用ここから~

抽象度の高いところから、一番下の具体世界へ落としてくる。

まあ、いつもこれをやってるって事ですね。

まあ、金稼ぎだけではありませんが、
少なくともこれやれば、誰でもお金稼げます。

誰でもお金稼げるんだから、
自分のやりたいことで稼ぎましょ。

<中略>


だって、ほとんどの人が
わかっていないんだから、
もちろん、当時の私なんて
まったく分かっていませんでした。

で、ステイゴールドではどう説明したかというと、

「理想世界(バラ色の未来)への橋渡し」

という感じの説明をしたと私は解釈しています。

今と理想世界の間に橋を架ける

その橋を渡らせる。


雑すぎますけど、
これさえできれば、

ビジネスなんていかようにも結果が出せるって事です。


~引用ここまで~


どういう話の流れなのかさえ、わからない感じですが、

恐らくですが、

ライスワークなんてするヒマがあるなら、ライフワークで
稼いだらいいのでは?

といういつもの主張のなかで、

「木坂健宣さんも、ステイゴールドの中で、
ちゃんとお金を稼ぐ方法を教えてくれてたよね」

みたいな話の流れじゃないのかと、推測しました。


それでですね、この

「理想世界への橋渡し」というのを、どう解釈すればいいのか?

なのですけど、

まあ、これも背景がわからないままに推測するしかない訳です。

まず、「理想世界(バラ色の未来)」って何についていっているのか?
ですけど、木坂健宣さんのセミナーに行ったことあれば

「あ~、いつものアレね」

的に何かがわかるのかもしれませんが、

木坂健宣の名前さえ最近まで知らなかった私には、
さっぱりわからん訳ですけどね

それでも、頑張って考えてみましたよ、はい。

そこで、出てくるのが、我らが

「あやしいスピリチュアルの世界」でございます。

今まで書いてきた中で、それらしい言葉が出てきたではないですか

「私たちは、自分の思いで世界を創っている」
「未来は、無限の可能性がある」
「お金は、いくらでも創ることが出来る」

などなどのお言葉です

さすが、あやしいというだけあります(笑)
こんなところで役立つなんて、ありがとうございます。

え~と、説明すると、

私たちは、自分の思いで世界を創れます。

そうなると、どんな世界を創るのも自由自在なハズですが

それを創ることが、なぜか出来ていない訳です。

そこで、思いだして頂きたいのは、

あやしいスピリチュアルで、一番最初に出てきた

ワープの話です。

行きたい世界にワープ出来ない理由は、

「記憶が邪魔している」ということでしたよね?

だから、ここで言う「理想の世界」

と言うのは、「自分の作りたい(行きたい)世界」

のことではないかと推測しました。


それでは、「橋渡し」とは何なのかと言うと、

さっきの話の続きでして、

「ワープの仕方を教えること」となりませんかね?


それでですね、

この世界は創られるとかワープの仕方を教える

という世界って、抽象度で言うと最も高いところにある話

だと思うんですよね。


ワープの仕方を教えてくれるって言ったら

みんないくらでもお金出しそうな気がしませんか?


だからこそ、一番最初に出てくるこの言葉

抽象度の高いところから、一番下の具体世界へ落としてくる。

これがわかっていれば、お金でも、何でも困らないでしょ

こういう風な話の流れだったのではないでしょうか?


すみません、少し話が飛んだところがありそうです。

木坂健宣セミナーの話に戻すと、

「抽象度の高いところから、一番下の具体世界へ落としてくる。」

を抽象度を落とすと

「理想世界への橋渡し」

という表現になる。

そして、抽象度の上げ下げが出来れば、お金には困らない

元々、こういう話だった、これでいいですか?

じゃあ、実際に「橋渡し」とは何をすることなのか?


あやしいスピリチュアル的には、

「ワープする方法を教える」

ということになります。

それじゃあ、

「ワープする方法を教える」

を抽象度を落とすと

一体何になるのか?


実は、これを一つずつ解説しているのが

「あやしいスピリチュアルの世界」という

あやしいお話ということになります。

めでたしめでたし


ということで、

これからも、「あやしいスピリチュアル」をよろしくお願いします(笑)


ふ~、なんかわからんがこんな展開になってしまいました。

何も考えずに書き始めたんですけどね

最後は、この結論に落ち着いてしまいました。


今日は、これで終わりそうです。

明日からはまた1日3本を目標に頑張りますね


それでは、明日もお楽しみに~

スポンサーサイト

Category: 伝説のライスワークラボメールセミナー

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kingkosome.blog.fc2.com/tb.php/116-2e439189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。